一般社団法人 群馬県書道協会

  • HOME
  • 事業内容
  • 書写指導支援事業

書写指導支援事業

書写指導支援事業

指導者部会設立

一般社団法人 群馬県書道協会では、学校支援事業(小中学校での書写指導を支援)を目的とした指導者部会を組織しました。
平成23年6月に、協会内の小委員会の一つとして、書写教育問題対策小委員会が発足しました。その後各市・郡に支部長を置き、指導者として学校への派遣が可能な会員(指導者部会会員)名簿を作成し、各学校に配布しました。
学校現場で書写指導支援を依頼したい場合は、各学校担当職員より、指導者部会名簿の支部長宛ご連絡下さい。

制度利用例

  1. 小学3年生に対する入門期の毛筆指導(書写道具の扱い方等)
  2. 群馬教育書道展出品にむけての作品指導
  3. 夏休みの宿題(書作品)指導
  4. 書き初めの指導(書き初め用紙に書く方法等指導)
  5. 年間を通しての書写指導
  6. 教員に対しての書写指導の方法等支援

※尚、本事業は学校支援センター制度をふまえて実施しておりますので、ご承知おき下さい。

問い合わせ先

一般社団法人 群馬県書道協会 指導者部会
高崎市木町1002-4
電話 027-395-5961
または、各市支部長あて